【歌詞和訳/単語リスト付き】불면증 Vocal by. 윤하 / Sleepless feat. Younha – 에피톤 프로젝토 / Epitone Project

K-Pop
スポンサーリンク

불면증 feat. 윤하 / Sleepless feat. Younha – 에피톤 프로젝토 / Epitone Project

アーティスト:에피톤 프로젝토 / Epitone Project feat. 윤하 / Younha

アルバム:불면증 Vocal by. 윤하 / Sleepless feat. Younha シングル配信

 

[MV] Epitone Project(에피톤 프로젝트) _ Sleepless(불면증) (Vocal by YOUNHA(윤하))

 

불면증 feat. 윤하 / Sleepless feat. Younha – 에피톤 프로젝토 / Epitone Project

어김없이 뒤척이다
相変わらず 寝返ると

잠에서 깨어나
目が覚めて

물 한 모금 마시고서
水を一口飲んでから

자야지 했는데
寝なくちゃって思うのに

 

너를 사랑했던 순간들이
あなたを愛していた瞬間たちが

문득 외롭게 해 다시
ふと 寂しくさせるの また

 

마치 어제 일인 것처럼
まるで昨日のことみたいに

너를 사랑했던 수많은 밤들이
あなたを愛していた たくさんの夜が

녹아버린 얼음처럼
溶けてしまった氷のように

쓸모 없어졌어
役に立たなくなるの

계절답지 않게 시려서
季節らしくもなく 冷えて

마음이 또 차가워져서
心がまた 冷たくなって

 

마치 어제 일인 것처럼
まるで昨日のことみたいに

너를 사랑했던 수많은 밤들이
あなたを愛していた たくさんの夜が

녹아버린 얼음처럼
溶けてしまった氷のように

쓸모 없어졌어
役に立たなくなるの

벌써 몇 해 전 일이란 게
もう何年も前の話だってことが

마음이 또 차가워져서 그래
心がまた冷たくなるの

 




 

매일 밤을 너와 함께
毎日 夜を あなたと一緒に

거닐곤 했었지
ぶらついたりしてたよね

아무것도 아닌 말에
なんでもない言葉に

넌 웃곤 했잖아
あなたは笑ったりしてたじゃない

 

아직 남아있는 네 흔적이
まだ残ってる あなたの跡が

나를 힘들게 해 다시
私を辛くさせるの また

 

마치 어제 일인 것처럼
まるで昨日のことのように

너를 사랑했던 수많은 밤들이
あなたを愛していた たくさんの夜が

녹아버린 얼음처럼
溶けてしまった氷のように

쓸모 없어졌어
役に立たなくなるの

계절답지 않게 시려서
季節らしくもなく 冷えて

마음이 또 차가워져서
心がまた 冷たくなって

 

마치 어제 일인 것처럼
まるで昨日のことみたいに

너를 사랑했던 수많은 밤들이
あなたを愛していた たくさんの夜が

녹아버린 얼음처럼
溶けてしまった氷のように

쓸모 없어졌어
役に立たなくなるの

벌써 몇 해 전 일이란 게
もう何年も前のことだってことが

마음이 또 차가워져서
心がまた冷たくなって

 

눈을 감았다 뜨면
目を閉じて 開ければ

내 품에 내 곁에 있을 텐데
私の胸に 私のそばに いるはずなのに

미운 듯 아침은 다시 오고
憎むかのように 朝はまた来て

귓가에 부는 바람들처럼
耳元に吹く 風のように

 

나는 애원하고 있잖아
私は懇願してるじゃない

아프게 나를 버려두지 말아줘
苦しめるように 私を捨てていかないでよ

그대 나를 떠나가지 마
私から去ってしまわないでよ

그대 나를 떠나가지 마
ねえ 私を置いていかないでよ

 

마치 어제 일인 것처럼
まるで昨日のことみたいに

너를 사랑했던 수많은 밤들이
あなたを愛していた たくさんの夜が

녹아버린 얼음처럼
溶けてしまった氷のように

쓸모 없어졌어
役に立たなくなるの

벌써 몇 해 전 일이란 게
もう何年も前のことだってことが

마음이 또 차가워져서
心がまた冷たくなって

 

마치 어제 일인 것처럼
まるで昨日のことみたいなの

 

너를 사랑했던 순간 모두
あなたを愛した時間 すべてが

 

 

単語リスト

 

単語リストのPDFはこちらから→불면중-単語リスト

 


アーティスト:에피톤 프로젝토 / Epitone Project feat. 윤하 / Younha

アルバム:불면증 Vocal by. 윤하 / Sleepless feat. Younha シングル配信

作詞者:Epitone Project

 

※日本語翻訳はすきままLanguageオリジナルですが、歌詞自体は引用しており、著作権は作詞者にあります。

 

コメント