【歌詞和訳/単語リスト付き】잠꼬대 / Sleep Talking – NU’EST

K-Pop
スポンサーリンク

잠꼬대 / Sleep Talking – NU’EST

アーティスト:뉴이스트 / NU’EST

アルバム:잠꼬대 / Sleep Talking

 

[MV] NU'EST(뉴이스트) _ Sleep Talking(잠꼬대)

 

 

잠꼬대 / Sleep Talking – NU’EST

지금은 또 몇신지
今何時なんだろう

꿈인지 생신지
夢なのか現実なのか

내 머릿속의 스케치
僕の頭の中のスケッチに

그녀를 밤새 그렸었겠지
彼女を一晩中描いてたんだろうな

난 자꾸 거꾸로
僕は何度も反対に

현실과는 거꾸로
現実とは逆に

그녀에게 다가가면 자꾸만 별나라로
彼女に近づいたなら 何度も星の国へ

 

궁금해 알쏭달쏭 수수께끼
気になるんだ ぼんやりしたなぞなぞが

대체 난 왜 그래요
一体僕はどうしたんだろう

남자답게 말할래요
男らしく話すよ

혼자만 아는 꿈 속 비밀 얘기
ひとりだけが知ってる夢の中の秘密の話

그녀를 초대해요
彼女を招待するよ

숨겨 온 내 맘을 say!
隠してきた僕の想いを伝えるんだ

 

이건 말도 안돼
こんなのありえないよ

바로 내 두 눈 앞에
僕のちょうど目の前で

그녀가 웃고 있잖아
彼女が笑ってるじゃん

자면 나타났다
寝たら現れて

깨면 사라지는 그녀를
起きたら消えてしまう彼女を

붙잡고 싶은데 say!
掴んでいたいのに

 

고백 고백 고백 고백 내 잠꼬대
告白するんだ 僕の寝言

(붙잡고 싶은데)
(掴んでいたいんだ)

깨어나도 그 이름 불러요
起きてもその名前を呼ぶよ

(말하고 싶은데)
(伝えたいのに)

꼬대 꼬대 꼬대 꼬대 잠꼬대
寝言を言うんだ

그녀를 만나러 가 난 또 졸려요
彼女に会いに行く僕は また眠いんだ

 




 

넌 어딘지 내 맘은 아는지
僕はどこにいるのか 僕の想いを知ってるのか

이렇게 속이 타는
こんなに心焦がれる

내 심정도 모르지
僕の心臓も知らないでしょ

말도 못 거는 마력에
何も話しかけられない魔力に

헤어나지도 못해
別れられもしないんだ

꿈 속이랑은 정반대
夢の中とは正反対で

여기선 얼음이 돼
ここでは凍っちゃうんだ

 

궁금해 알쏭달쏭 수수께끼
気になるんだ ぼんやりしたなぞなぞが

대체 난 왜 그래요
一体僕はどうしたんだろう

남자답게 말할래요
男らしく話すよ

혼자만 아는 꿈 속 비밀 얘기
ひとりだけが知ってる夢の中の秘密の話

그녀를 초대해요
彼女を招待するよ

숨겨 온 내 맘을 say!
隠してきた僕の想いを伝えるんだ

 

이건 말도 안돼
こんなのありえないよ

바로 내 두 눈 앞에
僕のちょうど目の前で

그녀가 웃고 있잖아
彼女が笑ってるじゃん

자면 나타났다
寝たら現れて

깨면 사라지는 그녀를
起きたら消えてしまう彼女を

붙잡고 싶은데 say!
掴んでいたいのに

 

고백 고백 고백 고백 내 잠꼬대
告白するんだ 僕の寝言

(붙잡고 싶은데)
(掴んでいたいんだ)

깨어나도 그 이름 불러요
起きてもその名前を呼ぶよ

(말하고 싶은데)
(伝えたいのに)

꼬대 꼬대 꼬대 꼬대 잠꼬대
寝言を言うんだ

그녀를 만나러 가 난 또 졸려요
彼女に会いに行く僕は また眠いんだ

 

Ay yo! NU’EST is back
On a duble-kick track
Make some noise

 

이건 말도 안돼
こんなのありえないよ

바로 내 두 눈 앞에
僕のちょうど目の前で

그녀가 웃고 있잖아
彼女が笑ってるじゃん

자면 나타났다
寝たら現れて

깨면 사라지는 그녀를
起きたら消えてしまう彼女を

붙잡고 싶은데 say!
掴んでいたいのに

 

고백 고백 고백 고백 내 잠꼬대
告白するんだ 僕の寝言

(붙잡고 싶은데)
(掴んでいたいんだ)

깨어나도 그 이름 불러요
起きてもその名前を呼ぶよ

(말하고 싶은데)
(伝えたいのに)

꼬대 꼬대 꼬대 꼬대 잠꼬대
寝言を言うんだ

그녀를 만나러 가 난 또 졸려요
彼女に会いに行く僕は また眠いんだ

 

単語リスト

 

 

単語リストのPDFはこちらから→잠꼬대-単語リスト

 


アーティスト:뉴이스트 / NU’EST

アルバム:NU’EST The First Album “Re:BIRTH”

作詞者:이단옆차기, David Kim

 

※日本語翻訳はすきままLanguageオリジナルですが、歌詞自体は引用しており、著作権は作詞者にあります。

 

コメント