【歌詞コラム#2】안 と 속、結局何が違うのか問題。

歌詞コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク

날 믿어주겠니 (널 믿어볼게 난)
僕を信じてくれる? (あなたを信じてみるから)

이 사랑 에서 (이 사랑 에서)
この愛の中で (この愛の中で)

나란히
並んで

같이 걸어가자 둘이
一緒に歩いていこう ふたり

 – LOVE DAY (정은지, 양요섭)

: 中、内
: 中、内、中身

久しぶりにLOVE DAYを聴いていて、ふたりの素敵な歌声に酔いしれていたんですが、

最後の最後の歌詞。ふと疑問が浮かんだんです。

「사랑 에서」と「사랑 에서」、

「愛の中で」と同じ言葉で訳したけれど、

この2つの違いはなんだろうか、と。

2人の愛に、一体違いはあるのだろうか、ということです。

気になったので単語の意味の違いをざっくり調べてみました。

とりあえず、単純に韓国語辞典を見てみます。

辞書に出てくる1つ目の説明を比べてみると、

안: 어떤 물체나 공간의 둘러싸인 가에서 가운데로 향한 쪽. 또는 그런 곳이나 부분.物体や空間の囲まれたものにおいて真ん中に向かう方。またはそのような場所や部分。

속: 거죽이나 껍질로 싸인 물체의 안쪽 부분.
表面や膜で囲まれた物体の内側の部分。

(引用: 国立国語院 標準国語大辞典

なんとなく、속の方が안よりもはっきり囲まれている感じでしょうか。

안の方がふんわりしているような、していないような…

次に、안 속 차이 (안 속 違い)と検索してみると、

사전의 의미 풀이와 용례를 고려하면 ‘속’은 어떠한 사물의 경계가 명확히 존재하고 그로 인해 구분되는 대상이 명확히 존재하는 경우에 쓰입니다.
辞書の意味解釈と用例を考慮すると’속’はある事物の境界が明確に存在していて、その境界によって区分される対象が明確に存在する場合に使われます。

반면 ‘안’은 ‘속’과 비교하면 상대적으로 그 경계가 분명하지 않은 경우에 사용되는 양상을 보입니다.
反対に’안’は’속’と比較すると相対的にその境界がはっきりしない場合に使われる様相が見られます。

‘철수가 광장 안에 있다’는 자연스러운 반면 ‘철수가 광장 속에 있다’는 조금 어색함을 참고하실 수 있겠습니다.
“チョルスが広場の안에 있다(中にいる)”は自然である一方、”チョルスが広場の속에 있다(中にいる)”は少し不自然です。

‘상자/마음/시간’을 이루는 경계가 분명한 것으로 생각한다면 ‘속’으로, 상대적으로 불분명한 것으로 본다거나 그 경계에 대해 명확히 나타내지 않는 경우에는 ‘안’을 쓰는 것으로 해석해 볼 수 있겠습니다.
“箱/心/時間”を境界が明確なものと考える場合は’속’を、相対的に不明確なものとしたり、その境界がはっきり示されていない場合は’안’を使うと解釈することができます。

(参考ページ)

という説明が。

確かに「広場の中にいる」というとき、広場がはっきり囲いで囲まれてるイメージの単語を使ったら、少し不自然ですよね。

狭い空間においては、どちらの単語も同じように使われる反面、広い空間においては안の方がしっくりくる、といったイメージでしょうか。

ちなみに、日本語の記事でもこの違いについてまとめてくださっている方々がいて、(はじめから日本語で調べればよかった)

안 : はっきり目に見えるもの、決められた基準があるものに使う。広い空間的内部、時間や金額・数量の範囲にも使う。

속 : 肉眼では見えないもの、基準がなくはっきりしないものに使う。

(参考ページ: 「ハングルの森とマルマダンの韓国語な毎日」「気になるKOREAN」)

だそうです。

というわけで、

この曲の「사랑 안에서」と「사랑 속에서」に違いはあるのか

という本題に答えを出すこととしましょう。

答えは

あるかもしれない

ぐらいですね。まとめ方が雑

正確に言えば、「違いを作ろうと思えば、作れるんじゃないか」ってくらいでしょうか笑

“사랑 에서” と歌ったヤン・ヨソプの「愛」は

広くて、境界線が曖昧で、でも目には見えて、基準もありそうな「愛」

“사랑 에서” と歌ったチョン・ウンジの「愛」は

広いわけではないけど境界線がはっきりしていて、目には見えなくて、基準が曖昧な「愛」

といったところでしょう。

「男女の「愛」の形って、きっと違うかもしれないね♫」

という強引な結論とともに、この記事を終わりにしようと思います❤️

ではでは。

✏️その他の歌詞コラムも読む

【歌詞コラム#6】변화 と 변함、何が違うのか調べてみた🔎
【歌詞コラム #5】「風」にも「願い」にも「浮気」にもなる、“바람”の語源を調べてみた。
【歌詞コラム#3】動詞を名詞化する"ㅁ"(미음)の魔法。
【歌詞コラム#1】꺼내 먹다, 꺼내 보다ってなんだかロマンチックだよねって話。

コメント