【歌詞和訳/単語リスト付き】With Us – VERIVERY ドラマ「梨泰院クラス」OST Part. 9

OST
スポンサーリンク

With Us – VERIVERY ドラマ「梨泰院クラス」OST Part. 9

アーティスト:VERIVERY

アルバム:ドラマ「이태원 클라쓰 / 梨泰院クラス」OST Part. 9

 

[MV] VERIVERY(베리베리) – With Us [이태원클라쓰 OST Part.9 (ITAEWON CLASS OST Part.9)]

 

With Us – VERIVERY ドラマ「梨泰院クラス」OST Part. 9

혼자 걷고 있다 믿었어
ひとりで歩いてるって信じてたんだ

언제나 난 아픔 속에 늘 외로웠거든
いつだって僕は苦しみの中で いつも寂しかったんだ

폭풍 같은 하룰 견딜 때마다
嵐のような一日を耐えるたびに

누군가가 내 손을 이 맘을
誰かが僕の手を この心を

붙잡아 주길 원했어
掴んでくれたらって願ってたんだ

 

그 언젠가 공기처럼 내 안에 스며 든 넌
いつかの空気のように 僕の中に染み込んだ君は

같은 곳을 바라보며 날 웃게 만들어
同じ場所を見つめながら 僕を笑わせてくれる

더는 혼자가 아냐
もうひとりじゃないんだ

이 거친 세상 속에 혼자가 아냐
この荒れた世界の中で ひとりじゃないさ

 

거센 바람 앞에 촛불처럼
激しい風の前で ろうそくのように

꺼질 듯 위태로운 나라도
消えるように危うい僕でも

네 손 잡고서 함께 할 땐
君の手を掴んで 一緒にいるとき

아무것도 두렵지 않아
何も怖くなんてないんだ

 

I can fly high in the sky with you now
君となら空高く飛べるさ

붉은 태양처럼 바다처럼
赤い太陽のように 海のように

우린 영원할 거야
僕らはずっと一緒さ

거친 세상 끝에 놓여진 꿈
荒れた世界の終わりで 置き去られた夢

아직은 멀리지만
まだ遠いけれど

우린 함께 할 거야
僕らは一緒にいるはずさ

With us
一緒に

 




 

지친 새벽이 푸르게 변하면
疲れた夜明けが 青く変われば

추억이 그립게 빛나면
思い出が懐かしく輝けば

울고 싶은 시간이 와
泣きたくなるんだ

쓰디쓴 눈물을 삼켜
苦しい涙を飲んで

 

All the night All the day
一晩中 一日中

단 하나의 힘이 되는 건
たったひとつの力になるのは

너를 지켜 주는 마음뿐인 걸
君を守ってあげたい想いだけなんだ

 

I can fly high in the sky with you now
君となら空高く飛べるさ

붉은 태양처럼 바다처럼
赤い太陽のように 海のように

우린 영원할 거야
僕らはずっと一緒さ

거친 세상 끝에 놓여진 꿈
荒れた世界の終わりで 置き去られた夢

아직은 멀리지만
まだ遠いけれど

우린 함께 할 거야
僕らは一緒にいるはずさ

With us
一緒に

 

캄캄한 밤에 길을 잃을 땐
真っ暗な夜に 道に迷ったときは

너란 별의 지도를 내게 보여줘
君という星の地図を 僕に見せてよ

조금 서글픈 시간을 걷는 대도
少し物悲しい時間を歩くときも

시련이 내게로 다가와도
試練が僕にやってきても

난 너 하나로 버틸 수 있어
僕は君ひとりいれば耐えられるんだ

 

I can fly high in the sky with you now
君となら空高く飛べるさ

태양처럼 바다처럼 더 영원할 거야
太陽のように 海のように もっと続くはずさ

세상 끝에 놓여진 꿈
世界の終わりに置かれた夢

아직은 멀리지만
まだ遠いけれど

우린 함께 할 거야
僕らは一緒にいるさ

With us
一緒に

 

힘든 하루도 아픈 어제도
辛い一日も 苦しかった昨日も

눈 감아 널 느끼면 아무렇지 않을 수 있어
目を閉じて君を感じれば 何ともないんだ

먼 미래도 떨림마저도
遠い未来も 震えさえも

난 정말 두렵지가 않아
僕は本当に怖くないんだ

 

거친 세상 끝에 놓여진 꿈
荒れた世界の終わりに置かれた夢

아직은 멀리지만
まだ遠いけれど

우린 함께 할 거야
僕らは一緒にいるさ

With us
With us
一緒に

 

単語リスト

 

単語リストのPDFはこちらから→With Us-単語リスト

 

 


アーティスト:VERIVERY

アルバム:ドラマ「이태원 클라쓰 / 梨泰院クラス」OST

作詞者:타이비언

 

※日本語翻訳はすきままLanguageオリジナルですが、歌詞自体は引用しており、著作権は作詞者にあります。

 

コメント