【歌詞和訳/単語リスト付き】미안해 / Sorry – 서은광,이민혁,이창섭 / ソ・ウングァン、イ・ミンヒョク、イ・チャンソプ

K-Pop
スポンサーリンク

미안해 / Sorry – 서은광,이민혁,이창섭 / ソ・ウングァン、イ・ミンヒョク、イ・チャンソプ

 

 

 

미안해 / Sorry – 서은광,이민혁,이창섭 / ソ・ウングァン、イ・ミンヒョク、イ・チャンソプ

 

보고 싶다고 정말 보고 싶다고
会いたい 本当に会いたいと

갑자기 울면서 전화한 너
突然泣きながら電話してきた君

너무 혼란스러워
すごく戸惑って

대답을 하지 못했어
返事ができなかった

어떻게 해야 할지 몰라 끝까지 난
どうすればいいのかわからないんだ 最後まで僕は

 

나 끝까지 못됐지
最後までできなかった

참 많이 이기적이겠지
本当に自分勝手だよな

그치만 알잖아
でもわかるだろ

어쩔 수 없단 거 이해하잖아
どうしようもないこと 理解できるだろ

솔직히 너무도 겁나서 도망쳤어
正直すごく怖くて 逃げ出したんだ

그래 내가 다 망친 거야 우리 관계를
そうさ 僕が全部台無しにしたんだ 僕らの関係を

몇 번이고 반복했지만
何度も繰り返してたのに

불 보듯 뻔한데
火を見るより明らかなのに(わかってるのに)

이기심에 다시 널
自分勝手な気持ちでまた君を

외롭게 만들 순 없어
寂しくさせるなんてできない

미안 정말 어쩔 수가 없어
ごめん 本当にどうしようもないんだ

 

미안해 이 말뿐이어서
ごめん この言葉だけで

정말 미안해 미안하다 해서
本当にごめん ごめんって言って

우는 너에게 해줄 말이 없어 난
泣いている君にかける言葉がないんだ 僕は

그냥 미안해서 전부 미안해서
ただ申し訳なくて 全部申し訳なくて

 

아니야 그게 아니야
違う そうじゃないんだ

그만 울어 날 잊고 웃어야 해
もう泣かないで 僕を忘れて笑わないと

행복해야 해 안녕
幸せにならなきゃ じゃあね

 




 

사랑한다고 정말 사랑한다고
愛してる 本当に愛してるって

서럽게 울던 네가 마음에 걸려
悲しそうに泣いていた君が気になってるんだ

문득 원망스러워 모진 말을 했던 게
ふと恨めしくなって 冷たい言葉を言ったこと

이렇게 후회될 줄 알았다면 그 말
こんなに後悔するってわかっていたなら あんな言葉

 

원망도 많이 했겠지
たくさん恨みもしただろう

싫은 티 하나 없이
嫌な素振りひとつ見せずに

내 탓이라 여겼던 나
自分のせいだといった僕

실은 알았던 거지
実はわかってたんだ

전 같지 않다는 걸
全然違うってことを

서로 원하는 맘보다
お互いを求める気持ちより

이미 돌이킬 수 없이
もう取り戻せない

흘러 버린 시간이란 걸
過ぎてしまった時間だということを

내가 모르는 너와 날 모르는 너
僕が知らない君と僕を知らない君

허물 수가 없어
壊せないよ

시간 속 높게 세워진 벽
時間の中で高く築かれた壁

이기심에 다시 널
自分勝手な心でまた君を

외롭게 만들 순 없어
寂しくさせるなんてできない

미안 나도 이젠 모르겠어
ごめん 僕ももうわからないや

 

미안해 이 말뿐이어서
ごめん この言葉だけで

정말 미안해 미안하다 해서
本当にごめん ごめんって言って

우는 너에게 해줄 말이 없어 난
泣いている君にかける言葉がないんだ 僕は

그냥 미안해서 전부 미안해서
ただ申し訳なくて 全部申し訳なくて

 

단 한순간이라도 그립지 않았다면
たった一瞬でも恋しくなくなったら

전부 지워지기를 모두 꿈이기를
全部消えますように 全部夢でありますように

할 수 없잖아
どうしようもないじゃんか

너도 알 수 없잖아
君もわからないじゃんか

우리 둘 그뿐이란 걸
僕らふたり それだけなんだ

 

미안해 이 말뿐이어서
ごめん この言葉だけで

정말 미안해 미안하다 해서
本当にごめん ごめんって言って

한순간도 잊은 적 없어 난
一瞬でも忘れたことはないよ僕は

너무 아팠다고 너무 그리웠다고
すごく辛かったんだ すごく恋しかったんだ

아니야 그게 아니야
違う そうじゃないんだ

모르겠어 다시 널 안고 싶어
わかないよ もう一度君を抱きしめたい

붙잡고 싶어 정말
引き留めたい 本当に

 

単語リスト

 

 

単語リストのPDFはこちらから→sorry-単語リスト

 


アーティスト:BTOB(서은광,이민혁,이창섭 / ソ・ウングァン、イ・ミンヒョク、イ・チャンソプ

アルバム:シングル配信

作詞者:이민혁

 

※翻訳はすきままLanguageオリジナルですが、歌詞自体は引用しており、著作権は作詞者にあります。

 

 

 

コメント