【歌詞和訳/単語リスト付き】Love And Pain – 이수현 / イ・スヒョン(AKMU) ドラマ「都会の男女の恋愛法」OST Part. 3

OST
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Love And Pain – 이수현 / イ・スヒョン(AKMU) ドラマ「都会の男女の恋愛法」OST Part. 3 

 

[MV] LEE SUHYUN(이수현) _ Love And Pain (Lovestruck in the City(도시남녀의 사랑법) OST Part.3)

 

Love And Pain – 이수현 / イ・スヒョン(AKMU) ドラマ「都会の男女の恋愛法」OST Part. 3 

I have no words to say
何も言うことなんてない

I have no words
何もないの

어떤 말도 지금은 아끼고 싶어
どんな言葉も 今は大切にしておきたいから

I have no doubts with you
あなたに疑ってることなんてない

I have no doubts
何もないの

나의 겨울 같았던 순간이
私の冬のようだった瞬間が

그대로인 해 어느새 따스해져가
そのまま いつの間にか暖かくなっていくの

 

Stand by you where ever you are
あなたのそばにいるわ どこにいても

I’ll stand by you who ever you are
そばにいるわ あなたが誰だったとしても

내 맘에 번져가 너의 하나하나
私の心に広がっていくの あなたのひとつひとつが

끝없이 내게 퍼져가
果てしなく 私に広がっていくの

 

Cause we shared love the pain
だって私たちは愛と痛みを分かち合って

The beams and hurt
輝きも痛みも

그날의 난 너와
あの日の私は あなたと

Cause we shared love the pain
だって私たちは愛と痛みを分かち合って

And even the tears
涙さえも

어떤 이유도 없이 우린
何の理由もなく 私たちは

다가가고 다가서며
近づいて 寄り添って

끊어질 듯 서로를 당겼어
切れてしまうくらい お互いを引っ張ったの

Because I shared love pain
だって私は愛の痛みと

And tears with you
涙を あなたと分かち合ったから

 




 

Stand by you where ever you are
あなたのそばにいるわ どこにいても

I’ll stand by you who ever you are
そばにいるわ あなたが誰だったとしても

내 맘에 번져가 너의 하나하나
私の心に広がっていくの あなたのひとつひとつが

끝없이 내게 퍼져가
果てしなく 私に広がっていくの

 

눈을 뜨면 널 보는게
내 하루의 시작이었어
그때의 모든 순간 모든 세상이 너였어

 

Cause we shared love the pain
だって私たちは愛と痛みを分かち合って

The beams and hurt
輝きも痛みも

그날의 난 너와
あの日の私は あなたと

Cause we shared love the pain
だって私たちは愛と痛みを分かち合って

And even the tears
涙さえも

어떤 이유도 없이 우린
何の理由もなく 私たちは

다가가고 다가서며
近づいて 寄り添って

끊어질 듯 서로를 당겼어
切れてしまうくらい お互いを引っ張ったの

Because I shared love pain
だって私は愛の痛みと

And tears with you
涙を あなたと分かち合ったから

 

그때 그 순간 너와 느끼는
あのとき あの瞬間 あなたと感じた

작은 떨림까지도 나는
小さなときめきまでも 私は

모두 담아둘게 내 안에
私の中に全部込めるわ

네가 살 수 있도록
あなたが生きていけるように

 

Cause we shared love the pain
だって私たちは愛と痛みを分かち合って

And even the tears
涙さえも

어떤 이유도 없이 우린
何の理由もなく 私たちは

다가가고 다가서며
近づいて 寄り添って

끊어질 듯 서로를 당겼어
切れてしまうくらい お互いを引っ張ったの

Because I shared love pain
だって私は愛の痛みと

And tears with you
涙を あなたと分かち合ったから

 

単語リスト

 

単語リストのPDFはこちらから→Love And Pain-単語リスト

 


 

※日本語翻訳はすきままLanguageオリジナルですが、歌詞自体は引用しており、著作権は作詞者にあります。

 

コメント